地域防災‎ > ‎

千曲川・犀川総合水防演習

平成27年度千曲川・犀川総合水防演習が5月23日(土)3,000名規模で長野市篠ノ井横田地先で行いました。
篠ノ井地区住民自治協議会からは水防土のう積(西横田・東横田自主防災会)20名、避難訓練100名が参加しました。
午前8時30分の開会式から12時30分の閉会式まで参加者は暑さの中、本番さながら演習に取り組みました。
開会式 西横田運動場に集合、東西横田自主防災会20名も開会式に参加しました。
演習 東西横田自主防災会は水防土のう積を行いました。篠ノ井地区住民自治協議会は各地区の区長をはじめ総勢100名が避難訓練に参加した。
長野南署のパトカー先導で避難所へ避難する。
陸上自衛隊の大型ヘリコプターは災害対応専門官と特殊車両を載せて被災地へ救援に向かいます。
大型ヘリコプターの離陸では轟音と共にものすごい砂ほこりが起きる。長野県警察の救難ヘリコプターが中州に取り残された遭難者を無事救出しました。
無事演習を終え閉会式に整列した東西横田自主防災会の皆さん。加藤市長も演習副総裁として挨拶があり演習は滞りなく終了しました。
参加されました皆さん大変ご苦労様でした。
なお、長野市での今回規模の大演習は30年後に1回あるかないかとのことです。




Comments